RoomArteロゴ
第1回プロデュース公演
「どこかの木漏れ日」
2018年1月上演作品
第1回プロデュース公演「どこかの木漏れ日」2018年1月上演作品

公演から約4年半

ーーーぼくと叔父さんは、この森で何かを探していた。

二人で時間を過ごすことで、家族である証を見つけたかったのかもしれない。

――叔父さん、ぼくはここにいるよ・・・ここだよ


手を伸ばした。懸命に。そこあるものに触れたくて。そこにあるはずのものに触れたくて。叔父さんの優しい手を求めて。


 ――お父さん・・・


光がぼくの体を覆う。満面の笑みを浮かべて、ぼくはお父さんを出迎えた。


おかえり。


あき はやお「どこかの木漏れ日」より

その手に天使がやどる 舞台画像


デザイン
大河原波子
ヤマグチレナ